主要領域

ギリアドは、アンメット・メディカル・ニーズのある分野で医薬品を提供することにより、世界中の患者さんの治療を前進させることを目指しています。私たちは、社内での研究開発に加えて、学術界や産業界のパートナーとの協力関係を通じて、これを実現しています。

1987年以来、ギリアドは25種類以上の革新的な医薬品を製品化し、HIV、ウイルス性肝炎、がんなどの疾患を抱える人々の治療に変革をもたらしてきました。

HIV治療の変遷

ギリアドは、HIVとともに生きる人々やHIVへの感染リスクのある人々に対し、HIV治療の初の単剤レジメン、HIV感染症のリスクを低減する初の曝露前予防(PrEP)の抗レトロウイルス療法など、かつて不可能と考えられていたHIVケアの変革に貢献してきました。

私たちはHIV領域において、予防から治療、そして治癒というHIVケアの研究に取り組んでいます。私たちは、HIVとともに生きる人々やHIVの感染リスクのある多様な人々のさまざまなニーズや嗜好に対応できるような長期作用型の治療選択肢を提供することを目指しています。

さらに、ギリアドはHIVに関わる人々と協力し、HIV感染の根本的な原因の解決に取り組んでいます。私たちは、HIVとともに生きる人々や感染リスクのあるすべての人が、最新の科学技術の革新による恩恵を受け、必要な医療へアクセスできるべきだと考えています。

C型肝炎、B型肝炎、D型肝炎

ギリアドは、HIV研究に注いだ粘り強さ、イノベーションとフォーカスをC型肝炎にも向け、慢性C型肝炎の治癒に向けた治療薬を4年間に4品目送り出しました。今までに400万人以上がギリアドの医薬品による治療を受けました。これからも世界各地のより多くの方々にお届けできるように活動を続けます。また、慢性B型肝炎については 20年間にわたり革新的な治療薬の開発の最前線で活動しており、治癒の可能性を探る数々の研究を積極的に進めています。2021年、MYR GmbHの買収により、慢性デルタ型肝炎ウイルスに対するEUでのファースト・イン・クラスの治療法を追加し、この分野での強みを強化しました。

COVID-19治療における革新的な技術開発

COVID-19流行初期、私たちは、当時研究中で前臨床試験において他のコロナウイルスに対する可能性を示していた抗ウイルス剤の開発に向けて、数十年にわたる抗ウイル領域における知識と社内リソースをもとに、パンデミックの負担軽減に取り組む患者さんや地域社会に対し迅速に応えました。

現在までに、ギリアドのCOVID-19治療薬は、世界で1,000万人以上の患者さんに提供されています。また、ギリアドは、ジェネリック医薬品メーカーとボランタリー・ライセンス契約を締結し、資源が限られた125カ国以上にCOVID-19治療薬の供給をさらに拡大することを目指しています。

がんと共に生きる患者さんの転帰を改善するために

ギリアドは、オンコロジーポートフォリオ拡充のために大規模な投資を行ってきました。我々のポートフォリオは、血液悪性腫瘍や固形腫瘍など、幅広いがん種を対象にしており、これらの治療を必要としている患者さんに一刻も早く医薬品をお届けできるよう取り組んでいます。

また、ファースト・イン・クラスのADC分子を標的とする乳がんの治療薬を含む幅広いパイプラインを構築しており、複数の固形がんを対象とした研究が進行中です。

ギリアドグループのKiteでは、細胞治療の研究・開発・商業化を担っています。

炎症性疾患領域で革新的な医薬品の開発

ギリアドは、炎症性腸疾患などのさまざまな炎症性疾患を抱える人々がより健康的な生活を送れるように、新たな医薬品の開発を進めています。また、非アルコール性脂肪性肝炎や原発性硬化性胆管炎などの複雑で治療が困難な線維性疾患の開発にこれまで培ってきた専門知識を活かしています。

侵襲性真菌感染に対するこれまでの取り組み

ギリアドは30年にわたり、侵襲性真菌感染症、特にアスペルギルス症、カンジダ症、内臓リーシュマニア症(VL)クリプトコッカス性髄膜炎の治療に注力してきました。私たちは治療を必要とする全ての人が抗真菌薬による治療を受けられるよう改善を続けています。

医療専門家向けの治療分野と製品に関する情報

g-station-plus.com

患者と一般の人々のための私たちの治療分野と製品に関する情報


HIV/AIDS
treatyourself.jp
www.hiv-pt-portal.jp/

B型肝炎、C型肝炎
hbv-pt.jp
sovaldi.jp/pt/index
naruhodo-kanen.jp
naosou-cgatakanen.jp