私達はAIDSのない世界を
理想としています・・・

ギリアド・アジア太平洋レインボー寄附プログラム


ギリアドはアジア太平洋地域においてHIV/AIDS患者対象のプロジェクトを支援しています。

「ギリアド・アジア太平洋レインボー寄附プログラム」にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。ギリアドでは患者と地域社会を最優先としたプロジェクトの支援に意欲的に取り組んでいます。2019年の当社の助成金では国連が定める「Fourth 90」ターゲットを重視します。これはウイルス量抑制が得られたHIV陽性患者の90%に良好な生活の質を保証することを目標としたものです。「Fourth 90」の達成に向け、HIV陽性者が健康かつ前向きな生活を送られるよう保証する上で、ギリアドは独自の立場にあります。ギリアドでは、背景とは関係なく誰もが質の高い医療を平等に利用できなければならないと考えることから、治療を受ける障害のために不公平な状況に置かれた地域社会の地位向上と支援に努めています。

●「Fourth 90」という何よりも重要なテーマに基づき、ギリアドが支援する対象は、下記の3領域です。

重点分野1:Access and Quality of Life
患者への支援
Access and Quality of Life Grantでは、患者中心主義を奨励し、治療/情報へのアクセスとHIV感染者の生活の質を高める取り組みを支援していきます。例えば次のような提案が含まれます。
  • セクシュアルヘルスおよびHIV予防に関する教育キャンペーン、検出不可能=感染不可能(U=U)に関する教育および啓発キャンペーン
  • 検査、メンタルヘルス、健康プログラムを含む、基本的な公共医療サービスへのアクセス[例:カウンセリング、HIV感染者(PLWHIV)を対象とした職業訓練、高齢患者を対象とした公共医療サービス、およびケースマネジメント、メンタルヘルス、または薬物依存といった重要な集団主導の公共医療サービス]
重点分野2:Multi-disciplinary Care
患者への支援
Multi-disciplinary Care Grantでは、多くの専門分野にわたる専門職や長期治療のための能力開発を強化することを目的とした取り組みに焦点を当てます。例えば次のような提案が含まれます。
  • 多くの専門分野にわたる治療アプローチに焦点を当てたエビデンスおよび研究育成プロジェクト
  • 心理学およびメンタルヘルス分野における、医療専門家(HCP)と保健専門家以外の人々の能力開発トレーニング
  • HCPおよび関連する保健専門家を対象とした長期的な疾患管理に関するヘルスリテラシー・トレーニングプログラム
重点分野3:Diversity & Inclusion
患者への支援
Diversity and Inclusion Grantでは、HIV感染者に対する、差別的な方針、職場の不公平、および人事事例、ならびに社会的偏見に取り組む事業に焦点を当てます。例えば次のような提案が含まれます。
  • 職場のダイバーシティ&インクルージョンのキャンペーン
  • 職場における差別禁止方針に関する従業員支援
  • 社会的かつ文化的な偏見に対処するキャンペーン
主要な日程とプログラムの詳細:
応募希望者は申請書を2019年9月30日(月)必着で提出して下さい。

助成金申請書は全て、ギリアド・サイエンシズ株式会社ホームページ経由でオンライン提出しなければなりません。[email protected]からギリアドにお問い合わせいただき、申請についての詳細な指示事項を受け取って下さい。

申請書を作成する際に申請者は、以下からアクセスできダウンロード可能な、よくある質問(FAQ)に必ず目を通すようにして下さい。

ダウンロード可能なドキュメント