ギリアドはアジアのHIV/AIDSに取り組むプロジェクトを
応援しています

ギリアド・アジア・レインボー寄附プログラムにご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。当社はHIV/AIDSウイルスに感染した若者やコミュニティを対象としたプロジェクトの支援に積極的に取り組んでいます。当社は、優れたプログラムはHIVと共に生きる人々(PLWH)や人々が直面している障壁を取り除くことができると考えています。また当社は、関係者との協力を通じ、強力なコミュニティの構築を支援する持続可能なプログラムの実現に焦点を当てたプロジェクトを応援したいと考えています。

当社が焦点を置くHIV/AIDS関連のコミュニティは以下の3つから成ります。:

フォーカス1: デジタル・コミュニティ
ギリアドのデジタル・コミュニティ部門は、アジアではデジタル・コミュニケーションが高度に発達していることを踏まえ、ソーシャル・メディア、デジタル・アプリ、またはデジタル・コンテンツを用いたHIV/AIDSキャンペーンやプロジェクトを支援します。

デジタル・コミュニティ寄附対象としては、PLWHのほか、薬物注射使用者、男性同性愛者(MSM)、トランスジェンダーおよびセックス・ワーカーなど、様々な面でHIV/AIDSウイルス感染のリスクの高いコミュニティに対するデジタル・コミュニケーションの推進やエンパワーメントを目的とした支援・教育キャンペーンならびにコミュニケーション・プロジェクトが挙げられます。

フォーカス 2: フレンドリー・コミュニティ
ギリアドのフレンドリー・コミュニティ寄附部門は、今なお多くのPLWHが日常的に差別やいじめ、社会からの疎外に悩まされていることを考慮し、意識啓発、教育、および偏見との戦いに焦点を当てたキャンペーンを対象としています。

このフォーカス領域に基づく助成金の対象としては、文化に関する意識啓発や資格の取得、および能力開発研修が挙げられます。

フォーカス 3: 若者コミュニティ
ギリアドの若者コミュニティ部門は、アジアの10代の間でHIV/AIDSウイルスの感染件数が増加していることを踏まえ、この年代の若者とその友人、家族、学校、教師を直接対象とするプロジェクトに焦点を当てています。

この寄附プログラムの対象としては、カウンセリングや検査の自発的な受診を促すことに焦点を当てたプロジェクトや、コミュニティとの連携キャンペーン、および社会と人々の行動を変えていくよう働きかけるキャンペーンが挙げられます。

応募期限およびプログラムの詳細:

寄附プログラム応募期限は 10月31日(水)11:59 PM(日本標準時)です。

応募書類は、JPGileadCSR@gilead.comにメールで送付をお願いします。ギリアドの助成金 ポータル からオンラインで提出してください。応募用紙とお住まいの国における応募上の注意事項をご希望の方は、ギリアドの JPGileadCSR@gilead.com までご連絡ください。

ダウンロード可能な「応募条件」とサイドバーの「よくあるご質問(FAQ)」をよくお読みになり、応募書類を作成してください。

ギリアドは、生命を脅かす 疾病を持つ世界中の 患者さんの、いまだ満た されていない医療ニーズに 応えるべく努めています。

ダウンロード可能なドキュメント