社員インタビュー/研究開発職

Interview 03 まだ若い会社だからこそ、自分で道を開拓できるのが楽しいんです。 シニアクリニカルトライアルマネージャー職 Oさん

研究開発職

まだ若い会社だからこそ、
自分で道を開拓できるのが楽しいんです。

研究開発職

Oさん

これまでのキャリア、ギリアドに転職された理由は何ですか?

研究開発職

社会人になって今年で13年目で、最初の10年間はCRO(Clinical Research Organization)として、製薬メーカーを支援する立場でした。
メーカーに満足してもらえるよう仕事をするうちに、より近くで製薬開発へ携わりたくなり、製薬メーカーへの転職を決意しました。ギリアドの魅力は日本法人が出来て間もなかったことでした。会社のやり方が確立されていないため、主体的に動けるうえに、外部からきた自分の持ち味を生かすことができるのではないかと思いました。

ギリアドの特徴、魅力を教えてください。

研究開発職

自分で試行錯誤し、開拓できるのはやりがいがあります。治療法のガイドラインの勉強をしたり、基本に立ち返って考えてみたり。頭を使うのが楽しいんです。組織がコンパクトな分、上層部の意思決定もスピーディです。一つ臨床試験をやろうと決まると、予算の決裁がすぐなされ、実施に向けてトントン拍子で進行していきます。

仕事とプライベートの両立に関して大切にしていることを教えてください。

引き継ぎをしっかりとすれば、きちんと休暇をとれるので、毎年グアムへ行っています。子どもが今3歳なんですけど、もう3回も行ってるんですよ。
それから、フレックスタイムを利用して夕方17時に帰れることがすごく良くて。こちらの朝が本社の夕方なので、例えば、朝7時半に出社すると向こうはまだ14時半なんですね。本社とのやり取りは朝のほうがスムースです。朝型にした方が効率が良いので、大体いつも7時半に出社して、17時に退社しています。そうすると、17時半に家に着くので夕飯を作り、18時ころに妻と息子が帰ってきたタイミングで、みんなでご飯を食べることができるんです。そこが今一番気に入っているところかもしれないですね。

研究開発職

※2019年2月時点での情報です。